空き家管理サービス

空き家のことでお困りではありませんか?

  • 草や庭木が伸びてしまっていて、どうしよう?
  • ゴミの放置や投棄に迷惑している。
  • 見に行って換気をしたいけれど、遠いからなかなかできない。
  • 家が壊れていて潰してしまいたんだけど・・・
  • 誰か借りてくれる人はいないだろうか?

そんな悩みを空き家管理サービスで解決しませんか。

外部巡回プラン 3,000円/月1回(税別)

庭木確認

  • 選定や消毒の要否を確認

外部メンテナンス確認

  • 塗装、外壁仕上げ、木部・鉄部などの状況確認

郵便物の整理

  • 郵便物やチラシなどを整理して必要な物を指定先に郵送

近隣からのクレーム対応

  • 一時対応と報告

その他のサービス

  • 写真付き報告書の郵送
  • 管理時に異常があれば対応法のご提案

内・外部巡回プラン 9,000円/月1回(税別)

家の換気

  • 窓・建具開放
  • 空気の入れ替え1時間

上下水道の通水

  • 蛇口60秒開放
  • 水道管さび防止
  • 排水トラップ注水で悪臭防止

内装確認

  • 雨漏り・カビの有無
  • イタチ・ねずみの足跡

室内簡易掃除

  • 床掃き掃除、乾拭き

外部巡回

  • 外部巡回プランと同様

緊急駆けつけプラン 3,000円/出動1回(税別)

  • 何かあれば現場に急行!(台風・水害・火災・クレーム)
  • 写真付き報告書の郵送

オプションサービス 別途お見積り

  • 庭木の剪定、草刈、不要品の処分、シロアリ・害虫の駆除、樋掃除、リフォーム、ハウスクリーニングなど

解体もお任せください!

目安単価 35,000~40,000円/坪
シート養生、足場、諸経費を含みます。

地元住民の皆様へ

創業25年の当社が適正価格にて責任施工いたします。

《借家》 《売買》 もご相談ください。

当社の1級建築士が空き家アドバイザーとして親身にご相談に応じます。

 空き家対策特別措置法 の概要

平成27年5月26日施行

背景

適切な管理が行われていない空き家が防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしており、地域住民の生命・身体・財産の保護、生活環境の保全、空き家等の活用の為対応が必要。

空き家の定義

居住、その他の使用がなされていないことが常態であるものの建築物、付属工作物、その敷地。

特定空き家とは

空き家のなかでも以下の状態のもの

  1. 倒壊等著しく保安上危険となる恐れがある状態
  2. 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
  3. 適切な管理が行われないことにより、著しく景観を損なっている状態
  4. その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

自治体は国の基本指針に即し、空き家対策計画を策定

空き家収集

空き家の所有者を把握するために固定資産税情報の内部利用等が可能。
これにより、所有者を特定できる空き家に関するデータベースの整備。

特定空き家に対する措置

特定空き家に対しては、除却、修繕、立ち木等の伐採等の措置の助言、または指導、勧告、命令が可能。

さらに、用件が明確化された行政代執行の方法により強制執行が可能に。

特定空き家になると

指導、勧告、命令、さらには代執行の措置

固定資産税の優遇税制が受けられなくなる。
標準税率になる(今までの6倍の額になることも)

ひとこと

土地、建物には空き家にとらわれず適切な管理が行われていることが、肝心です。

望んで空き家にしているわけではありません。

所有者には空き家にしている事情がそれぞれあります。

当社をご利用いただき、今困っておられる解決策を一緒に考えましょう。

地域のものづくりからその先まで、当社は考えます。

株式会社 エムケ一
代表取締役 山尾政信

 

ページの最初に戻るページの最初に戻る